備忘録で・・・

「放たれた老人は自由だから」

今日、出会ったご老人のお言葉。

子育てから・・・
仕事から・・・
放たれた老人は、自由だと。

だから自分勝手な御仁もいるわさ。と(笑)


なるほどねぇ。

綱から放たれた犬・・・という感じでなく。
「自由」という言葉がつくことによって、
なんというか、解放感を感じました。

あぁ、我身も鼻たれ・・・違った、放たれたいw

今年は、花粉が、大量に飛散し。
さらには、PM2.5と化学反応して、微粉末に粉砕するので、
体の奥底まで入り込むかも・・・、ご注意を。

とのことでした。

化学反応で、花粉にクラック(ヒビ)がはいったところに、
雨などの刺激が加わると、爆発して粉砕するのだそうです。

・・・今日も、よく晴れていたのですが、
どうも、帰宅してから、目やに、鼻水が気づくとでてきます;
こんな時は、予防もかねて、蓮根のすりながしを味噌汁などで、
いただくとよいそうな。
粘膜の回復に作用ある成分を持っているのだとか。

蓮根農家さん今年こそ、、商機ですぞw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

2019年02月06日 23:20
子育てから解放されて、息子も60歳まで
2~4年ともなると、「放たれた老人は
自由だから」の心境になるのかも知れません。

足腰不自由でも、まだドライブ旅行を計画
する無鉄砲さを持ち合わせているようです。

昨年新潟から出雲大社まで、そこから舞鶴
まで8か所泊まってフェリーで往復しました。

今年も更に膨らんだ日程になりそうです。

夫婦共々、この年齢まで花粉に悩まされ
たことが無い鈍感ものです。
2019年02月07日 22:10
ここに書いたあとで、二文字書き漏れしましたこと思いだしました。
「解き放たれた」でした。
時から放たれた~と、重荷から解き放たれた~と、
二重の意味を感じました。

知り合いのおばさんが、三河の山奥に別宅もっているんですが。
遊びにいった時に・・・
「花粉症は、都会の人がなるのよ。
化学反応した花粉を吸うからでるのであって、
空気のキレイな場所での花粉は、無害なのよ」と。
杉林に囲まれた宅でいうんですね。
先日番組で、図解で説明されるのをみて、
おばさんのいってた通りだと、感心しました。
ですので、空気のキレイな街にお住まいだという証拠ですよ。
東海地区は、植林の山々に囲まれていますしねぇ。
私は、目のかゆみと鼻水になって、反応がでます。

今年も遠征の計画おありですか、お元気ですねぇ。
息子さんの心配もわかるし、
でかけてこの眼でみたい、親の気持ちもわかるし、
第三者としては、「よい旅を~」と「ご無理なさらずに」。
・・・ですかね。(笑)
2019年02月08日 15:29
こんにちは!
わたしも早く解き放れたい・・・けど、多分そんな環境がやってきても、無理かな?
花粉症、我が家のかみさんは八幡平の山の中育ちですが、持ってます(笑
今は花粉も嫌ですが、白いものが横殴りに降ってくるのが敵いません(笑
2019年02月11日 22:50
ありゃ~。
山の中の出身でも花粉に反応・・・やはり、
花粉量も影響するんですかねぇ・・・。

今年は、カラ~っとして、雨足りないと思いきや、
急に冷えて、ドカーっと雪がきて、
確かに・・・解き放たれたい作業と雪の猛威にはかないませんね;

愛知に、蓮根の産地があり、蓮根豚まんパンだの、蓮根コロッケだの、
れんこんソフトアイスだのと道の駅で販売してますが、
アイスはさておき、母ちゃんに送ってあげたい・・・。

あれよね。
介護などの場面を想定の筋肉支える
ロボット⇐これ、自治体が保持して、貸し出ししたらいいのよね。(えw?)