テーマ:

暑いぃ~まだ日中30℃越えます。(汗)

変な気候です。 5月に梅雨の走りが、しっかり梅雨入りのような雨続き。 6月から7月は、意外と空梅雨で、晴れてぽかぽか。 8月は猛暑で、熱帯夜続き。 盆に台風でもないのに、大雨・・・いや、ゲリラ豪雨が降り。 9月入って、朝夕が少し涼しいと思ったのも束の間。 まだまだ暑いぃ・・・。 だから? 夏の花が元気盛り返し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

パッパラッパァ~♪ =エンゼル・トランペット=

今回はエンゼル・トランペット天使のトランペットだって・・・可愛い名前ねっ。 別名:木立朝鮮朝顔 (きだちちょうせんあさがお)、ナス科の植物。でも、草ではなく「木」です。 朝鮮朝顔の場合は、つる性ですがねぇ。 お隣の叔母ちゃんの駐車場脇にある。 ここ最近、ここのお世話を叔母ちゃんに委…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

あっかぁ~んなぁ・・・。

あっかぁ~んなぁ・・・。あか~んなぁ・・・。赤カンナ・・・。 今日はカンナ。 Canna(カンナ)の語源には、古代ケルト語の「Cana(つえ)」、「Can(芦(あし))」、                   ギリシャ語の「Kanna(葉)」、の諸説ありなんだそうです。 ショウガ目カンナ科・・・なので、生姜…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花のシ~ズン =すみれ科=

スミレ科の花の開花時期の長い事、長いこと。 最近、種を採取して植えれるという事を知り、観察してみている。 どうも、スミレ科のものは、交配しやすいので、ほっとくと、親株とは異なる子供が生えてくるんだそうです。 【パンジー】 花の終わりかけと、種の鞘の膨らむ様子。(右がわ) 【ビオラ】 花の終わり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

花のシ~ズン=蘭のその後=

≪前回のおさらい≫ URL⇒http://manta-jump.at.webry.info/200805/article_7.html 咲きました。 高芽にも、根っこが出てきました。 次の花の蕾も色づきはじめています。 昨年は遅くまで暑い日が続いたので、晩秋にとった取り芽の鉢が、こんなにあり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花のシ~ズン =ラベンダー=

【花のシ~ズン】も、梅雨入りの気配(中部の天気が2~3日毎に雨の日が続きます。)に、 花弁も濡れて痛み易く、なかなか晴れ間の花の盛りを撮影も難しく・・・。 そんな中、虫もつかないで、ポンポン目が出て、開花前のラベンダ~。 兎に角、開花時期には、成長著しく、刈りこみすれば、花の再生が可能で、長く楽しめるもの。 バラとは…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

木だって、花のシ~ズン=これ何だろぅ?=

何か・・・花が【面白い形】してるんだ。 ファミレスと、工場の間の狭い用水の土手のホンノ2m有るか無いかの隙間に生えていた。 何の経緯で・・・鳥の運び屋が・・・フンでもして??? うるしの様な葉っぱしてるけど、うるしでない。 スッと伸びて、パッと枝分かれして、またスッと伸びて、パッと枝分かれしているので。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

花のシ~ズン・・・!?=イチゴ=

その後、我が家の【イチゴ】は順調に実って収穫もボチボチ・・・。 一日2個のペ~ス。(笑。鑑賞用だしねぇ~♪) 参照以前のブログ⇒http://manta-jump.at.webry.info/200804/article_17.html ≪参考までに≫ 花が沢山ひとつの茎に付くのですが、栄養の偏り、受粉の成功度などの理由…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

花のシ~ズン =デンドロビューム=

以前紹介した蘭の手入れについてそろそろ・・・。 デンドロビューム:ピンク・ビューティー・クイーン⇒http://manta-jump.at.webry.info/200802/article_7.html 育て方と増やし方のお話を・・・。 (一部図鑑から抜粋しつつ、要約して載せます。) 原産地では丈夫なランも、日…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

母の日

日頃の感謝の気持ちを込めて、まんたの【お母さんたち】へ、お花の画像のプレゼント。 我が家のお花でアレンジしてみました。 小さい頃、社宅の団地住まいの時に、可愛がってくれたおばちゃん達。 お絵かき好きなまんたに、美術の学校を進路で選択した時に、頑張れと励ましてくれたおばちゃん。 短期のバイトで短期間なのに、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

花のシ~ズン =ミニバラ=

その後、残りのミニ薔薇も揃って開花しました。 中華の飲茶の【桃饅】に似たこの、美味しそうぅ~な蕾 このミニバラは、花がロマンチックな八重のピンク。 葉っぱもつやつやして薄い色と厚さしているので、美味しそう。 【トゲ】が左程気にならない品種です。 でも、品種名が不明なんです。 購入…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

花のシ~ズン =これなんだシリーズ19=

今回は、バラ。 といっても、我が家の庭は狭いので、鉢植えで楽しめる【ミニバラ】 品種も、いくつかありますが、中でも毎年一番先に咲くのが、この【テディ・ベア】 Powered by FlipClip 紅茶色のミニバラ テディベア ~紅茶色のシックなミニバラ♪ 種類:ミニアチュアローズ 仏・メイアン・1…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

花のシ~ズン =これなんだシリーズ18=

雌花(めしべ・メス) 雄花(おしべ・オス) 実(昨年に採取のもの) これは【オニグルミ】の花と実です。 日本の在来種なので、実は小さめですが。 これも、どんぐりの森に植えたいなぁ~と思っています。 ===== 図鑑より抜粋 ===== 現在では、リスをみることは非常に難しい。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

花のシ~ズン =これなんだシリーズ17=

http://manta-jump.at.webry.info/200804/article_13.html 以前の【スミレの記事】で書いた【種】を撮ろうと思っていたのに、気づいたら、雨の日のスキを狙って、 種になって、飛んでしまった跡でした・・・。(涙) あぁ~あ。 ちなみに、開花時…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

花のシ~ズン =これなんだシリーズ16=

お隣の叔母ちゃんから頂いた【アイリス】我が家の白花カスミソウと生けてみた。 どう??イケテるぅ~?? 朝に頂いたのに、おやつの時間には咲いちゃった。 間違い探ししてみてちょぉ~。 「あやめ」「花しょうぶ」「かきつばた」「アイリス」の区別って難しいぃ~。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

花のシ~ズン =これなんだシリーズ15=

今日は【あじさい】 かの偉人、シーボルトが日本人の奥さんのなまえ「お滝さん」を学名に「オタクサ」と名付けたという。 そのシーボルトが、西洋に持ち込み、品種改良され、今の沢山の品種になったとか、ならないとか・・・。 セイヨウアジサイは、日本のガクアジサイ由来のいくつかの品種をもとにヨーロッパで品種改良されてたものが 日本に逆輸…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花のシ~ズン =これなんだシリーズ14=

アロォ~ハァ~オェ~♪アロォ~ハァ~オェ~♪ といっても、そう見える?でも、ハワイのレイではないのでぇ~す。 隣町の盆栽の師匠の盆も、近所のお宅のお庭にも、【藤】が先週あたりから満開です。 藤は本来何かの木に巻きついて伸びる、山の植物なので。 盆栽や、庭木…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

花のシ~ズン =これなんだシリーズ13=

ミント・ミント・ミント・ミント・・・10回言ってください。 その後に、スポーツで羽根付きの玉を打って戦うスポートは何?答えて。      【バトミント】って言っちゃった?【バトミントン】だよぉ。 ====== キャット・ミント ====== 花のアップ 葉っぱのアップ これは、とにかく…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

花のシ~ズン =これなんだシリーズ12=

今回は【薔薇】 壁面に一杯の花・花・花~♪ ===== 木香薔薇 (もっこうばら) ===== 中国の中南部が原産。わが国へは江戸時代中期に渡来。 名前は、中国名の「木香花」を音読みしたもの。 4月から5月ごろ、枝先に淡い黄色や白色の八重の花を咲かせます。 このバラには棘がありません。真子さまのお印の花だ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

花のシ~ズン =これなんだシリーズ11=

これは、イチゴの花。 でも通常の食用イチゴは白い花。 でも、我が家のは「ピンクDEいちご」と称す鑑賞用の品種。 これも、売れ残った可愛そうな苗を買ってきて救出したもの。 もう今年の春で3年目突入かなぁ~。 イチゴは、通常のイチゴがライナーというもので増える。 ※ランナーとは・・・横に蔓が走るように伸び…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

花のシ~ズン =これなんだシリーズ10=

こんな地味な花ばっかり・・・そう言うわずにぃ~お付き合いください。 これが【芝】の花。 稲穂を思わせる風情ですが、物凄く、小さい。 奥に白く穂を吹き出したばかりのものもあります。 芝の管理など詳しく勉強したい方はこちらへどうぞぉ~。 芝の図鑑のURL⇒ http://sibatuku.com/imag…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

花のシ~ズン =これなんだシリーズ9=

いわゆる、子孫繁栄の【種(素?)】をつくる為の機能が【花】というならば、 これも【花】 これは、【銭苔】・・・名前の聞こえは良いが、(笑、なんたって“銭”でっせぇ~。) 園芸家の天敵のひとつ。 退治には専用の薬撒いたり、酢を塗ったり、冬季の乾燥期に剥がしたり…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

花のシ~ズン =これなんだシリーズ8=

◆野菜編◆ 花のアップ。 花と言っても、・・・この時期だから【菜】花ね。 菜っぱ物の花って意味に捉えてくださいね。 (通常【菜の花】は、厳密に言って【アブラナ科アブラナ属アブラナ】を指すので。菜種油の原料になります。) 写真に【花蜘蛛】がかくれんぼ~♪(捜してみてっ!笑) ところで・・・野菜を買うと、切れっぱ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

花のシ~ズン =これなんだシリーズ7=

前回難しかったので、ちょっと、手抜きして・・・。 菫(スミレ) 花とは別に、目立たない「閉鎖花」をつけそこで種子をつくるんだそうです。 へぇ~!! 我が家ので観察してみよぉ~っと。 (これまた、盆栽の師匠に頂いた「花火」とかいう植物が枯れた鉢から出てきたもの。) 日本の菫、西洋の菫(パンジ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

花のシ~ズン =これなんだシリーズ6=

どんどん、難しくなって行く・・・名前探し・・・。 ===== 松葉海蘭 (まつばうんらん) ===== 胡麻の葉草(ごまのはぐさ)科。 【コキア:ほうき草、とんぶり】を盆栽の師匠に鉢で貰って、毀れ種からまた出るといけない からと、大事に育てていた「花は空」の鉢。 何か出てきた、雑草にしても見なれない葉…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花のシ~ズン =これなんだシリーズ5=

===== スズラン ===== 白く純潔で小さく吊り下がり咲き、可愛い花なのに、有毒植物。 有毒物質は特に花や根に多く含まれる。 摂取した場合、嘔吐、頭痛、眩暈、心不全、血圧低下、心臓麻痺などの中毒症状を 起こし重症の場合は死に至る。 >スズランを差した花ビンの水を飲んでも、中毒を起こすことがあります。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

花のシ~ズン =これなんだシリーズ4=

そぉ~らぁ~おぉ~押し上げてぇ~♪      ・・・ハナミズキ /一青窈 こぶしを握りしめて、冬をじっと耐える・・・。 ほころび始めて・・・。 開く。 でも、これは騙されちゃいけない。 これが、【花ビラ】ではなく【ガク】なのだからぁ。 花はこの中心の(写真右端の)小さい粒々の部分。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

花のシ~ズン =これなんだシリーズ3=

これは【紅葉の花】。 (もみじは総称ですから多分街路樹なので、一般的な「いろはもみじ」の木だと思うんですが。) もみじ、かえでの図鑑サイト URL⇒http://homepage2.nifty.com/chigyoraku/flower01.html これは、紅葉の実生苗(2年生~♪) これは【市民の森…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

花のシ~ズン =これなんだシリーズ2=

これは【丹頂草】です。 雪の下の仲間の「岩八手」(いわやつで)です。 花の咲く前の蕾の形が、丹頂鶴の首部によく似ています。 今年は暖かいので、蕾の時期の写真撮る前に開花してしましました。(涙) 蕾も、とても可愛いのでご紹介したかったのですがねぇ~。 図鑑サイトのURL⇒http://www.hana300.co…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

花のシ~ズン =これなんだシリーズ1=

これ・・・見えますか? 【柳の花】です、桜の時期の少し前が旬でした。 今は散って花の時期も終わりです。 この新芽の出る時期に、【根だし】をしています。 新葉が、青々として、若々しいです。 柳の苗木は、すぐに大きく育つので、管理も大変だという理由から、 通常販売されていなくて、リクエ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more